ホーム パァーでの一日の様子をご紹介します。

朝ごはん

それぞれの猫たちの好みや体調に合ったご飯を用意します。まずは食欲はあるかを見る大事な時間です。歯は痛そうじゃないかな?ちょっとしたしぐさで気づくこともあります。

必要に応じてお薬

毎日の投薬が必要な子はご飯の後投薬しています。目ヤニなどの軽い症状の子は目薬などの常備薬。便秘や下痢の子は整腸剤や療法食で様子を見ることもしています。

お水の交換とトイレ掃除

どちらも混雑する時間です。健康状態を見るのに排泄物の観察は必須です。様子がおかしければホームで常備している尿検査キットで簡易検査もしています。

日中

部屋のお掃除と敷き布などの交換とお洗濯

常時、猫の様子をチェックしながらお世話をします。排泄に問題はないか、吐き戻しはしていないか、元気はあるか、体重に変わりはないか。気になることがあれば日誌に記入し記録に残します。

病院

必要に応じてまたは定期的に病院に連れていって診てもらったり、お薬だけを取りに行ったりします。(スタッフのシフトによっては猫ちゃんたちはお留守番の時間になります。天気が良ければ日向ぼっこです。)

ブラッシングや猫じゃらしタイム

ブラッシングや猫じゃらしを始めると好きなメンバーは続々と寄ってきます。お好みじゃない子は設置している様々な爪とぎで軽く運動です。

合間に事務仕事

猫たちの様子をブログにアップしたり、元の飼い主様にお手紙を書いたり、お問い合わせの対応をしたり、日誌を書いたりします。

夕方

晩ごはん

今日も一日お疲れさまでした。変わったことはなかったかな?
再び、お薬の必要な子はお薬の投与、そしてお水の交換とトイレ掃除をします。

空き時間や夜

猫の生態や病気についての調べ物をしたりしてより良い対処方法やホームでできることを模索します。